こんにちは(^o^)

姫島みずほ苑では11/27に認知高齢者の虐待防止研修の勉強会を行いました!

資料をもとに口頭にて説明して頂きました。そもそも虐待といっても種類がいくつかあります

・身体的虐待

・介護、世話の放任

・心理的虐待

・経済的虐待

・性的虐待

・セルフネグレクト(自己放任、自虐)
 高齢者が通常1人の人として、生活において当然行うべき行為を行わない
 あるいは行う能力がないことから、自己の心身の安全や健康が脅かされることなどです。こういうことにならない為にも、介護する側はしっかりと認知症について理解し受け入れ先入観を持たない事が重要ですね。

 勉強会ではその他に、倫理的価値、医療者としての義務、BPSD(認知症の行動、心理症状)パーソンセンタードケア(介護対象者が中心となるケア)、支援のポイントなどを説明して頂きました!近年では認知症に対する薬なども開発されてきてはいますが、やはり環境や介護の質もとても重要です

 これから高齢化社会が加速していく中でも、私たち介護従事者としては施設を利用される方々により良い環境や介護、生活を提供できるように努めたいと思います!

 最近はすっかり寒くなりインフルエンザも流行するようになりました。当苑では感染予防の為、職員、面会に来られる方に12月からマスクを着用して頂いております(^^ゞ
 皆様も体調を崩されない様にお気をつけ下さい顔

以上、ショートステイFよりでした♪