今年もご招待いただきまして、行って参りました。

 大阪の春の風物詩。造幣局の通り抜け!私、大阪に住んで18年が経ちましたが、初めてです。

 毎年今ぐらいの季節になると、NHKの8時45分くらいのローカルニュースで「今年の通り抜けは…」と聞いていたような気がしますが、今年は生の通り抜けです。色々な種類の桜が咲いていまして、一般的に知られているソメイヨシノは、もう葉桜になっていましたがここの桜は今が満開くらいでした。まさに「通り抜け」という感じでトンネルのように桜の枝が折り重なっていました。入居者さまは、車椅子でも目線の高さに花があるのでじっくり見ておられました。

 まさにじっくりと見ることができます!私もこんなに間近で桜を見たことはありません。普通の桜はもっと背が高いですから、脚立がないと目線には届きません。だから、ここの桜はいつもの桜と比べてとても迫力があります

 桜の通り抜けの初体験の私としてはとても有意義な時間でした、入居者さまのなかにも初めての方がおられたので、とても喜んでおられました。

 また桜だけでなく、お茶と桜餅も振る舞っていただき、とても気持ちのいい春の午後を入居者様はもちろん、僕たちスタッフもすごすことが出来ました。有り難うございました。