どうもこんにちはご無沙汰しております。フルカワです。
  皆様いかがお過ごしでしょうか。私はといえば、家事に協力的なフリをしてお小遣いが上がればいいなと色々画策しております。

 さて、2月といえば冬でももっとも寒い時期です。この日も晴れてはいましたが、北風がぴゅうぴゅうと吹きつけていました。そんなさむ~い北風を吹き飛ばすような元気なお二人が、みずほ苑にやってきてくれました

しかも今回2度目!!

愛心友の会のお二人です!

前回と変わらず、元気に溢れたステージングで入居者様を魅了されていました!

おもわず一緒になって手拍子や踊りが出てしまいます。

もちろん笑顔も!真剣に歌われるかたもちらほら大きな声を出すって気持ちのいいものですね。

「楽しかった」と笑顔でいっぱいのかたや、「疲れた~」とここちのよい疲労感を感じられるかた、いろいろ感じ方があったようです。

それぞれの歌にそれぞれの思い入れがあるようですね。
色々な歌に笑ったり、泣いたりのかたもおられました。

昔の恋でも思い出されたのでしょうか。

はたまたご両親やご兄弟、故郷の事等を思い出されたのでしょうか。

どうやら歌には思い出とか気持ちとかがくっついているようですね。

だから歌うことは、そういう言葉に出来ない気持ちとかを出すようなものなんでしょうね。

楽しいだけじゃなく悲しかったりするけれどもなんかすっきりしたり心地よくなるのはそのためではないかと思った次第であります。

前回もさることながら、今回も楽しいひと時を作っていただいた愛心友の会のお二人に感謝です。

本当に有り難うございました。